読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech::hexagram

personal note for technical issue.

REGZA Phone T-01Cを2.2にアップデートしました

ようやく,先日ゲットしたandroid,T-01Cに,メーカーから2.2への更新アップデートの提供の案内が来ました.

早速更新し,2週間ほど触った感想を書いていこうかと思います.

良くなったところ

wi-fiまわりあれこれ

一番良かったのは,wi-fiの使い勝手がかなり向上したな,ということです.

まず,設定内容にスリープ中のwi-fiを切断するかどうかの項目が追加されました.デフォルトではオフです.
オンにしておくと,一度wi-fiに接続されれば,そのままセッションを継続しておくことができるようで,スリープから復帰後すぐにwi-fi環境で通信することができます.

次に,設定項目とかではないですが,wi-fiへの自動接続が非常にスムーズになりました.予め登録しておいたスポット(自宅や研究室など)のエリア内に入ると,スリープ時に勝手に接続してくれます.

エリア内に入ってスリープから復帰するともう接続が確立されている,という感じです(たまに失敗しますがそれでも2.1より圧倒的にまし)

設定画面でバッテリ消費量の使用用途別割合を確認できる

2.1でも一部ソフトを利用すれば確認できたこの項目ですが,デフォルトで設定画面で見れるようになりました.

開発用に買ったということと,メールはガラケーのほうが使いやすいという理由から,自分の環境では,現在はSIMカードガラケーにさして使っています.それゆえ3Gがいつも圏外の状態で利用しています.

3Gが圏外だと電波を探そうとするため電力を食うようで,機内モードにしたらかなり電池の消費ペースが遅くなりました.
ただ,機内モードにするとBluetoothが使えなくなってしまうので一長一短です(wi-fiは使えます)

悪くなったこと

bluetoothの調子が悪くなった

音楽を聞く際にbluetoothを利用しているのですが,その際時々音が途切れるようになってしまいました.
2.1の時よりも頻度が上がっているので,android本体のアップデートによる不都合か,ワイヤレスリモコンの故障かわからないですが,若干使い勝手の悪さを感じています.


とはいえ,総じて見ると2.1よりは使い勝手はよくなっているので,アップデートしてよかったなぁと思っています.