読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tech::hexagram

personal note for technical issue.

Vagrantメモ

http://lab.raqda.com/vagrant/index.html

こちらを読んで、最低限利用するために必要な部分だけまとめた。

Vagrantとは

簡単な環境設定/複製可能なマシン/業界標準の技術で構築された1つの一貫したワークフローによって制御される可搬的な開発環境を提供してくれるツール

ダウンロード:http://www.vagrantup.com/downloads.html

初期化

カレントディレクトリにvagrantfileを作成。

$ vagrant init

BOXのインストール

仮想マシンをすばやくクローンするためのベースイメージをBOXと呼ぶ。

$ vagrant box add precise32 http://files.vagrantup.com/precise32.box

HTTP経由でprecise32のboxをダウンロードし、precise32として保存する。 追加されたboxは複数のプロジェクトで再利用可能。

いろいろな仮想環境のboxはこちらでリストアップされている。

http://www.vagrantbox.es/

BOXをVagrantfileに適用する
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "precise32"
end

ここで「2」はVagrantのバージョンを定義しているもので、こちらで変更する必要はない。

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.

仮想環境に接続

仮想環境を起動する

$ vagrant up

VirtualBoxを入れていない場合、以下のエラーで怒られるのでここで入れておく。

No usable default provider could be found for your system.

Vagrant relies on interactions with 3rd party systems, known as
"providers", to provide Vagrant with resources to run development
environments. Examples are VirtualBox, VMware, Hyper-V.

The easiest solution to this message is to install VirtualBox, which
is available for free on all major platforms.

If you believe you already have a provider available, make sure it
is properly installed and configured. You can see more details about
why a particular provider isn't working by forcing usage with
`vagrant up --provider=PROVIDER`, which should give you a more specific
error message for that particular provider.

仮想環境にSSH接続する

$ vagrant ssh
プロバイダ経由で起動する
$ vagrant up --provider=vmware_fusuion
$ vagrant up --provider=aws
仮想環境で作成したファイルはどうなるのか

仮想環境での/vagrantディレクトリ配下が、Vagrantfileが格納されているカレントディレクトリと同期されるため、仮想環境上で/vagrant配下にファイルを作成すると自動的にローカルに反映される。

仮想環境を止めるときは
  • 保留:vagrant suspend 仮想環境の現在の状態を保存し、停止する。復帰が早いものの、仮想環境はホストマシンのディスク容量を消費し、RAMの内容もディスクに追記するため容量を食う。
  • 中断:vagrant halt 仮想環境のOSをシャットダウンし、電源を切る。ディスク内容を保存しつつクリーンな状態で起動が行える。仮想環境によりホストマシンのディスク容量は消費したままとなる。
  • 破壊:vagrant destroy 仮想環境をすべて削除する。ホストマシンのディスク容量は、vagrant upを行う前の状態に戻る。

Vagrantfileの便利な設定

プロビジョニング

vagrant upした際に、ソフトウェアもインストールしてくれる機能。 ローカルでVagrantfileが格納されているディレクトリに、bootstrap.shを作成しておく。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "precise32"
  config.vm.provision :shell, :path => "bootstrap.sh"
end

すでに起動しているboxに設定を反映させるにはvagrant reloadを実行すればOK。

ポートフォワーディング

ポートフォワーディングを行うには、以下のように設定する。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "precise32"
  config.vm.provision :shell, :path => "bootstrap.sh"
  config.vm.network :forwarded_port, host: 4567, guest: 80
end

これにより、http://127.0.0.1:4567にアクセスするとWebページを見ることができる。

TODO

  • AWS環境のboxを作るための手順を調べる
  • chefとの連携方法
  • 開発環境のプロビジョニングで必要なことを洗い出す